--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'12.28.Wed

パックのインパクト

友人が台湾みやげをくれました。わーい。ありがとー。
台湾みやげ
左からお菓子とパックとドライマンゴー。
食べ物のほうはおいしくいただきました。
パッケージはかろうじてドライマンゴーの文字がありますが
あとは何が書かれてるんだかまったくわかりません。
日本の味っぽさはなくて(当たり前だけど)、でもちょっとハマっちゃう味わい。

さてあとはパックですけども。
台湾パック裏
裏面、もちろん読めません。読めませんが。

∑(゚д゚*)!!
台湾パック裏拡大
NEW!第二代!の文字が。どうやら新製品の二代目らしいです。
首を覆う部分が第一代と比べて11cmに伸びてます・・・インパクトありすぎだろう・・・w

でもね。でもね。
そのひんやり感を思うと、この寒い時期に試す勇気が出ないのです。
あったかくなったら使ってみようっと。首までつやっつやになっちゃうんだもんね!

どなたかこれ使った方がいらしたらぜひ感想をお聞きしたいです。
スポンサーサイト
日々のことトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.26.Mon

お勉強会

1月の星空宇宙天文検定に向けてお勉強会です。nanakoと。
お勉強会といえばファミレスでしょう!というのは学生時代の名残りです。
卒論はほぼガストでやりました。
このたびはジョナサン。
20111222星検勉強会
机の上ちらかしすぎ。

お互いに苦手分野をフォローしつつ、
内容について話すだけでもインスピレーションが刺激されていい勉強になります。
お勉強会たのしいな。

今回は新設された2級を狙ってるわけですが
趣味の域を超えるマニアックさで奥が深くてびっくりしています。大丈夫かなこれ。
受けるからには受かりたい・・・!
日々のことトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.22.Thu

ゆず湯、香る

寒い。本格的に寒い。。
日の出 日の入りの方角もずいぶん南寄りになってきたなぁと思う今日この頃ですが、
ついにことしも冬至を迎えましたね。

冬至といえばゆず湯にかぼちゃ。
というわけでとっておきの入浴剤を投入。

有川浩さんの「ゆず、香る」

企画としては入浴剤に短編がついた商品だったようですが、
有川ファンとしては短編が本命で入浴剤はおまけです。
読後感は胸いっぱいで言葉で言い表せないくらいで・・・(言葉で言い表したらどうですかブログなんだから)

発売されたのはこの夏。
しかし品薄でどこに行っても買えず、完全に ほっと文庫難民 でした。
重版になりようやくゲットしたのが9月のおわり。
それからどうしても冬至のゆず湯にあわせて使いたい!と思って本棚に鎮座してて。
ようやく日の目をあびました。

短編と入浴剤、連動して楽しめる素敵な企画商品でした。
カラダもココロも温まりました。
有川さんありがとう。バンダイさんありがとう。角川書店さんもありがとう。
どーでもいいけどバンダイさんと変換しようとして磐梯山になるのは仕様ですかそうですか。
日々のことトラックバック(0)  コメント(2)
2011'12.18.Sun

師走、天文week。

前の記事で写真アップしすぎ、と自分ツッコミを入れつつ、
でもあんまり衝撃的で誰かに言いたくてしょうがなかったんだもの!と自己弁護。
PC固まっちゃった人がいらしたらごめんなさい。

あの夜は皆既月食を満喫して、
14日のふたご座流星群も期待してなかったけど明るいのがいっこ見えて、
こんな明るい流星は1999年のしし座以来じゃなかろうかと思うほど派手な流星で、
天文イベント大満足な最近でした。

ずっと天候に恵まれなかったからねぇ。。
いつかの日食や月食や流星群、観望会などなど。
狙ったものが見えたのは久々だったですよ。

そんな12月。
さすが師走というかなんというか、
日々が光の早さで過ぎて行くようです。
今年もあと何日・・・とかいう不毛な数え方はしないつもりですが、
いろいろ焦りを感じるのはなんででしょーか。

さすが12月。
ありがたいことに友人知人と会える機会も多くて、
蛤2蛤3
はまぐりなんて食べてみました。美味でした。ごち。
日々のことトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.12.Mon

サグラダファミリア建設

とあるお祝いの席をもうけていただきまして
お好み焼きをごちそうになりましたごちそうさまでした。

初めていったお店だったのだけれど
お願いするとお好み焼きとかもんじゃとか店員さんが焼いてくれるのです。

あまりに衝撃的だったので時系列に沿って振り返りたいと思います。
いざ。
お好み焼きタネ

まず生モノ(エビ)を炒めます。
まず生モノを炒めます
普通ですね。

それをタネに戻してかきまぜたら
それを戻して混ぜたら

鉄板にinして
鉄板に流して

しばらく放置。
しばらく放置

裏返して・・・端っこを押し込みます(えっ!?)
裏返して端っこを押し込みます!
さらにしばらく放置。いい具合に焼きあがるのを待ちます。

ここから店員兄ちゃんの独壇場開幕

我々ね、4人なんですよ。
なぜそこで切るの?と度肝を抜く場所でカットすると・・・

立てた!

カットして立てます!

若干厚みが足りない様子で(笑)、独立してくれないのだけど、
互いに支え合いつつ強引に立てます!
強引に立てます

しかしどう見ても縦3分割の焼きっぷり
どうやって4人で分けたらいいですか
と問う我々に対して、店員兄ちゃんは言いました。
どうしようかと思ってるんですけど

いやどうしようかと思ってるんですけど
ここからサグラダファミリアになるんで

ここからサグラダファミリアになるんで

えええええええええ
いつも怒られるんですよねー

ソースかけて
マヨかけて
かつおぶしと青のりも
かつおぶしと青のりも
サグラダファミリア?

わたしが知ってるのより
お好み焼きってフリーダムですね
完成です!

食べるにあたって解体しましたが
食べるにあたって解体

普通においしかったです
そしてとんでもなく楽しかったです
あんまり楽しかったのでまた行きたいですこのお店

世の中まだまだ知らないコトがいっぱい!
日々のことトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.11.Sun

皆既月食記

皆既月食フィーバーでしたね!

月という身近な天体の一大事は、
ぱっと見てわかるぶん多くの人の興味をひきやすかったようです。
それも土曜の夜、夜更かしがんばらなくても見られる時間帯に、快晴!!!ヽ(*´∀`)ノ

2年分ぐらいブログをさかのぼってみたところ、
楽しみにしていた天文イベントがことごとく天候に阻まれていて、
ほんとうに久しぶりの観測となりました。
前半は移動しながら。後半は自宅でベランダ出たり入ったり。

街中でも見上げるひとの多さにびっくり。みんな興味あるんだね。。

おぉ月食や!と叫ぶ広告塔のようなにいさん。
つられて見上げる通りすがりの誰か。
あれぜんぶ欠けたら赤くなるらしいぞ! えぇマジで?なんで? さあ? というやりとりが聞こえたりw

月食というのは地球の影に月が入っていくので、
地球上のどこから見ても同じ時刻に同じように見えるんだそうです。
もちろん夜側の地域からしか見られませんが。
そういうことで、前日のバルス祭りに引き続き、
みんなで同じものを共有する一体感が面白かったなぁ。

ちなみに皆既中の月が赤くなるのは夕焼けと同じ原理です。
地球の端っこの大気を通った光の、赤い波長だけが届くんですね。

赤い月は幻想的で、それも派手な冬の星座の中にあって、
満月であれば見えないようなオリオンの小三ツ星とか、おうし座のすばるとかに囲まれて、
贅沢な星空でした。うん、なんかいろいろ大満足。

満月に戻った時、それはそれで直視できないほどまぶしくて、
あー月ってこんなに明るかったんだー、と改めて思いました。-13等星だったっけ。

半影はよくわからなかったなぁ。。(´・ω・`)
星とか宇宙とかトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.04.Sun

皆既月食のはなし

さて、今度の12月10日(土)に皆既月食が見られるというのが話題になり始めましたね。
マスコミが騒ぐほどに、期待値があがり、
実際に見てもそれほどではなかったと反動でがっかりされ、
天文の面白さが伝わらないのではないかと妙な心配をしてしまいますw

実際にわたしが初めて皆既月食を見た時は中学生でしたが
月が全部欠けてまっくらになるかと思いこんでいたら赤銅色でまんまるで
ちょっとがっかりした記憶がありますww

そこでわたしが個人的に考える皆既月食の面白さを
2010年6月に当時のブログで熱く語っているので、
それをまるっと引用します。

*******

月なんて毎月満ち欠けするんだし
欠けるの見ても別に珍しくないんじゃないかとわたしも思ってたんですが違うんですよ!

月食って満月のときしか起こらないんですよね
太陽の光を満面に反射している満月に
間をさえぎった我らが地球の影が映って、欠けて見えるわけです。

てことは地球の影の端っこは丸いんですよね。当たり前ですが。
毎月の満ち欠けとは影部分のカーブの向きが違うわけです。
わかりやすいのは欠け方が半分以下のとき。

十三夜あたりと月食を比較してみると楽しいです。
ちょっとネット徘徊して画像お借りしてきました。

十三夜十三夜 posted by (C)KYR
月という球体に、右のほうから太陽の光が当たってるんだなーとわかる。

部分月食部分月食 posted by (C)billet
これは2010年の元旦の写真だそうですが、
こっち側から、つまり我々の背中の後ろから光が当たってて、
あれが我らが地球の影です!
その影の中にわたしたちもいるんだなーと壮大な気分になれます。

また、
満月があるはずの時刻&方角に、真ん丸じゃない月がある!
という違和感も月食の面白いところなんですが
普段からよっぽど月を見上げるひとじゃないとそこまでは気付かないかも。

*******

ということなんですが、伝わりましたでしょうか。
この時は天候に阻まれて実際には見られなかったんですねー。
天文イベントは天候にだけはどうやっても逆らえません。
そして、今年の天文イベントも
ことごとく天候に阻まれてるような気がするのですが気のせいかしら。

ともあれ今回の皆既月食は土曜の夜、
皆既の時間帯も23時台のほとんどというド派手な条件で、
ひょいっとご覧になれる方も多いのではないかしら。
晴れますようにー!
星とか宇宙とかトラックバック(0)  コメント(0)
2011'12.03.Sat

カープとオタフク

あらあんたぁカープソースじゃないね。久しぶりじゃねぇ。
お好みソース

広島のソウルフードお好み焼き!に欠かせないのがお好みソースです。
自宅にももちろん常備です。お好み焼きだけでなくコロッケとか、いろいろ使うのです。
オタフクソースは今では東京でもそこらのスーパーで買えるようになりましたが、
カープソースはさすがに見かけませんねぇ。

ひょんなことからカープソースをいただいたので食べ比べ!
お店のようにはいきませんが、
それなりに材料をそろえて広島風もどきのお好み焼きをつくりました。肉玉うどん。
イカの姿フライやとろろ昆布も入れたよ!

個人的な感想ですが、カープソースのほうが素直にスパイシーな味かなぁ。
オタフクは酸味と甘みが複雑な感じ。
だけどどっちも記憶にある懐かしい味わいでした。

広島に星の数ほどあるお好み焼き屋さんではそれぞれこだわりをもって選んでいらっしゃるのでしょう。
このほかにもいろいろあるし。
あるいは独自のソースが使われているのかも。

ということで結論。両方美味しい。ごち。


ちなみに実家で常備されていたのはこっちのサイズでしたね。

これは東京じゃなかなかみかけないのよーw
日々のことトラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。