--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'05.12.Sun

カレーまつりのこと

横須賀でカレーフェスティバルなるものが行われるというので、遠足してみました。
青空のもと、というかほぼ炎天下、いろんなカレーが食べられるというイベントです。4種類を食べ比べできるコーナーで、比較的辛くないやつをセレクトして実食。

それぞれ味がぜんぜん違う!カレーなんてスパイスの味ばっかりだと思いこんでたけど、野菜だったり肉だったり、具材の味でぜんぜん変わるんですねー。
どれも美味しかった!

空は青いし海も青いしハンバーガーは大きいし

横須賀満喫。ごちそうさまでした(*´ω`*)
スポンサーサイト
日々のことトラックバック(0)  コメント(0)
2013'05.11.Sat

ヤバいのこと

電車に乗ったら、高校生の下校時間にかち合ってしまった。
車内はにぎやか。放課後の女子高生、楽しそうじゃのう。

そのわいわいがやがやの中から漏れ聞こえてきた声が
「うわー!ヤバすぎてヤバい!」

えぇぇぇ何が!?

若者よ、ホントにヤバいだけで会話するんだなぁ、と感心してしまいました。
ヤバいは便利なワードだけど、それに頼らずに会話ができる人間でありたい。。
日々のことトラックバック(0)  コメント(0)
2013'05.07.Tue

図書館戦争を観た

図書館戦争。原作が大好きです。
この本は漫画、アニメとメディアミックスされ、そうは言っても実写は難しいのではないかとファンの間では囁かれながら、満を持して実写映画化となりました。

キャスティングの時点でかなり期待していたんですが、そのさらに斜め上をいくいい裏切られ方ってこれだよね、というほど、わたしにとっては素敵な映画でした。
一番裏切られたのは玄田隊長かも(いい意味で)。

小説を映画にするにあたって、あちこち削ったり設定を変更したりはされていますが、それが原作に対する愛を感じるというか、この作品を今、この時代に映画にするならこうするのが一番いいと思えるような手の加え方で、これまで文字で表現されていたことが、映像や音楽やなんやかんやを伴って、より迫力を増して伝わってきて、なんかもう悔しかったです。という感想は一応モノヅクリの末席に携わる側の人間として。

小説読んでるから、登場人物が見せるその微妙な表情や反応の、答えを知ってるわけですね。原作にはそれが全部書いてあるんで。それが言葉じゃなくてきっちり伝わって、もうもう、うひゃー!となりました。まさにプロの犯行(いや仕事)ではないかと。そしてこれがメディアミックスのよさではなかろーか。
もちろん原作を知らない方も楽しめるであろうことは言うまでもなく。

というわけで原作を再読しようと思います。

あと原作にも続きがあるし、映画も続編がありそうな終わり方してたし、祭りの続きを楽しみに待ちたいと思います。
感想文トラックバック(0)  コメント(0)
2013'05.03.Fri

岡山天文博物館


ちょいと岡山に滞在しているうちに、
プラネタリウム遠征を敢行しました。
目指すは岡山天文博物館
岡山県浅口市の山の上にある
コンパクトでアットホームな博物館です。


太陽望遠鏡ではプロミネンスや黒点を堪能!
雲も避けてくれてばっちり観えました。ありがとうお天気の神様。
それにしてもプロミネンスの実寸を想像するといつも、わぁ!と思います。
実感できないほど壮大なんだけど。
あの炎の柱が、地球より大きかったりするわけで。

で、プラネタリウムですね。
10mのドームに50席。
大きなドームのようなリアル感はありませんが
これはこれでプラネタリウム投影してます!って感じがして味わい深いです。

番組はまず春の星座の説明と、
本編では南の星座に秋の星座まで、
あっちこっちをとびまわっておりました。
もりだくさん。

南天星座をマニアックに追っていくような番組が
あったら観てみたいのだけど、
なかなか需要はないんだろうなぁ。


博物館の横の道を上ってゆくと頂上にはドームがあって、
188cm反射望遠鏡を眺めることができます。
一面に広がる山々と、遠くに瀬戸内海を眺めることもできます。癒される。


岡山散策ついでに足をのばしてもうちょっと北へ。

満奇洞という鍾乳洞なんですが

ライトアップのセンスが独特です。
八つ墓村のロケ地になった場所だとか。
プラネタリウムトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。