2012'06.06.Wed

VenusTransit

21世紀最後の金星の太陽面通過。雨です。どよーん。

地球~金星~太陽が一直線になり、
太陽の手前を金星が通過していくのが見られるという現象です。
金星のほうが太陽系の内側を回っているので、
ちょうど地球が金星に追い越されていく感じですね。

地球と金星の公転軌道が傾いているので、追い越されるたびに見えるわけではありません。
そんなわけで次回は105年後。。
どうしようもないのでネット中継で楽しんでいます。
ハワイ、鹿児島、広島、岡山、北海道・・・。うん、いい時代だ。中継ありがとうございます。

どの画像にも同じように目立つ黒点があって、
同じ太陽を見ているんだなぁと思いました。
金星の場所が違うようにも見えてこんなずれるの!?と思ったらタイムラグだったみたいw

太陽に比べたら点のような金星ですが、あれで地球と同じくらいの大きさでしょ。
太陽どんだけ遠くてどんだけでかいんだ。

その金星が太陽面をじわじわ動いてゆきます。いや動きがわかるほど速くないんだけど。
いつの間にかここまできてた!って感じで。宇宙動いてる。

こういうレアな天文現象って、実際見てみないと自分が何を感じるかわからない。
こないだの金環日食もそうだったけど。
まぁ一言でいえば感動するんですが、どこにどう感動するのか、見るまでわくわくどきどきです。

いやしかしやっぱり宇宙でっかい!そして動いてる!

雨やんできたから、ちょっと見えてくれないかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
星とか宇宙とかトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL