--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2014'09.11.Thu

よーやく宇宙博

行ってきました。
NASAとJAXAの本気、宇宙博2014

前半は米ソ宇宙開発競争に始まり、
宇宙開発黎明期から現在の有人宇宙開発にいたるまでの歴史が所狭しと埋め尽くされています。
さすがNASAと思わせる、本気の資料がもりだくさん。

ロケットがどんどん大きくなっていって。


アポロ月探査ではこんなケースで月の石持って帰ってきたのかとか。
はやぶさで小惑星イトカワの試料に地球由来の物質が混ざらないよう、ものすごい厳重な扱いをされていたのを想像していると、かなり、雑な印象を受けます。たくさん持って帰れるからいいのか?


アポロの帰還のときに使われたパラシュート。焦げてます。
成功ばかりではなかった歴史ですが、そうはいっても、ここ数十年のことなんだなぁ。

ここで8Kスーパーハイビジョンシアターに寄り道。
映像はもちろん美しいんですが、ナレーションに癒やされました。おぉ。。

2回見た。

後半はようやくJAXAの日本の宇宙開発、そして火星探査と、未来の宇宙開発です。
広い空間のあちこちにはやぶさとかイカロスとかキュリオシティーとか。
ここからは混み具合を見ながらあちこち移動。

なかでも見どころは国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟でした。

実物のように微小重力にはなりませんが、実物大きぼうを中から外から体感して、ISSでのお仕事ぶりを想像。。
船外活動のときはあの手すりをつたって移動するのかしら、とか。
あと、きぼうは進行方向半分の方が、壁が頑丈に作られているっていう情報もそっと展示されていました。
長年の知識と経験に基いて、いろんな対策がとられているんですね。

情報量がとにかく多いので、どんな情報に出会えるかは自分の感性と運次第な気もします。

個人的にはUZUME計画が気になってまして。
これは日本の月探査機かぐやによって月に見つかった縦孔を、探査しようという計画です。
縦孔の画像、とっても気になる丸い穴なんです。
縦孔の奥には溶岩が流れた跡らしき洞窟が広がっていると考えられていて、
将来の月基地の候補地として有力なのだそうです。

日本神話のアマノウズメノミコトからの命名なんですが、
後ろにいたカップルが「なんでウズメ計画なの?埋めるから?」
うん、天の岩戸の物語、知らないか、そうだよね。。。埋めないでお願い。


由来がどこにも書いてないなと思っていたら、抜け道のようなスペースに貼ってありました。
なぜ、こんな、だいぶ離れた場所に。
あのカップルはこの展示に気づいただろうか。

情報自体はそれなりに出回ってるもので、
各地の特別公開とかで解説つきで見たほうが面白かったりするものもあるんだけど、
今回の見どころは体感することなんだなぁ、たぶん。

レプリカも実物もあるけど、それが実際に宇宙空間で稼働してるっていうところに
思いを巡らせながら見るのがオススメです。

宇宙博2014は9月23日(火・祝)まで。
関連記事
スポンサーサイト
星とか宇宙とかトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。