--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2014'12.23.Tue

宇宙を知る、のこと

ちょっと前ですが、宇宙講演会@お茶の水女子大 を拝聴。
子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)が後援に名を連ねていることもあってか、
子どもたちに興味を持ってもらい、ひいては未来の宇宙開発を担うお子が育つといいね!ていう内容でした。おねーたんすみっこでひっそり聴くよ。

個人的には国立天文台の阪本先生のアルマ望遠鏡の話が本当に面白かったです。
可視光線では見えなくても、電波でみるとこんなふうに見えるんだよ!
というのを身近な具体例から見せてくださって、
見えないけども、そこにあるっていうのはこういうことかと。
その予備知識を持って、さぁ銀河の衝突現場を見ると、あらびっくり。
可視光線では見えない銀河のくんずほぐれつが、見えてくるんですね。

そんな技術の粋を結集したアルマ望遠鏡も、
人間のやることですから、いろいろと人間らしいエピソードが聞けて興味深かったです。
標高5000メートルのアルマ望遠鏡の、山麓施設がなぜ2900メートルのところにあるのか、とか。
その辺りは空気も薄くて過酷な環境で、
サボテンだのトカゲだの天文学者だの、特殊な生き物しかいないんですよ、とか。

次のJAXAの麻生先生はこうのとりがテーマ。
ISSで人間はどんな生活をしているのか、
人間はこれからどうやって宇宙に出て行くのかというようなお話を、超具体的に。

標高5000メートルにしろ、宇宙にしろ、地上と異なる環境にあっては、
違いを克服する工夫と技術が必要なんですね。

地球を知り、地球を守り、それを子孫に伝えていく。
いつか必ずやってくる、我々が地球の外に出て行く時のために。
そのための宇宙開発なんだということを麻生先生がおっしゃっていました。
将来に向けた壮大な生存本能ですね。

この宇宙講演会、今回が二度目だったそうで。次回もあるのかな、あるといいな。
ということでこれを今回は来られなかった友人へのレポに代えさせていただきます。伝わりましたでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
星とか宇宙とかトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。