--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'10.17.Mon

はやぶさ映画

堤幸彦監督のはやぶさ映画を見てきました。
プロジェクトの完コピを目指したというだけあって、
あのときPCで見た映像が、あちこちで聞いたお話が、そのままスクリーンに・・・!
nanakoも言ってましたが先生方のトレス率の高さが尋常じゃないw

佐野史郎さんが川口先生のしぐさをかなり研究されたとのことですが、
あー川口先生っぽい!と思うところがあちこちありました。恐るべし役者魂。
西田敏行さん演じる的川先生のVサインも、細かく再現されていました。

そのあたりがマニアにはたまらない。
でも詳しくない方にもわかりやすいダイジェストに仕上がっていました。
はやぶさが飛び立ってからの7年間だけでなく、
小惑星探査の構想が立ちあがってから実に25年に及ぶ一つのプロジェクトとして。

火星探査機のぞみ が火星探査を断念するくだりや、
「あなたの名前を火星へ」キャンペーンにもふれられていました。
火星に届かなかった27万人の名前、その中にわたしも!と感慨もひとしお。
締め切り間際に新聞で知って、慌てて速達でハガキを出したことを思い出します。
インターネットなんてなかった、高校生の頃。

ほんとにいろんなエピソードが詰め込まれていてごちそうさまでした。
古本屋や宇宙研のセットに置かれている星ナビも気になりましたw
当時のものを用意されたんだろうなぁとww
エンディングも宇宙研の歴史って感じで。
今も太陽系を航行中のイカロスにちゃんと受け継がれていますねいろんなものが!w

と、まぁマニアにはたまらない映画なんですが(大事なことなので二回ry)、
でもほんと、宇宙に興味のなかった多くの方にも普通に楽しめる映画だと思います。
むしろそういう方にどんどん観て欲しい映画です。
関連記事
スポンサーサイト
感想文トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。